低身長をコンプレックスにしない工夫

高校生:男子、高校1年生の身長162cmから171cmに。

私は,中学生の時は160cmをきるぐらいの身長で,高校に入ってからやっと160cmに到達することができました.

私が,身長を伸ばす工夫として挙げるものは,牛乳やセノビックといったカルシウムが摂取できるものを飲むことがです.

スポンサーサイト

 

実際に,友達でセノビックを飲んでいる人がいたのですが、その人は身長が高校1年生のときは175cm以上,20歳ごろには180cm以上あります.

個人差はあると思うし,小さいころから飲んでいないと意味がないものなのかもしれませんが,低身長がコンプレックスになってしまっている人は飲むことをおすすめします.

また,個人の意見ですが,睡眠は背の伸びに関係があると思います.

実際に,自分はよく夜更かしをしていますが,背の高い人は比較的早く寝る人が多く,睡眠時間が長いです.

また,低身長に見えないように,服の選び方をたくさん工夫しました.

例えば,最近はやりのビッグTシャツなどは,低身長の人が着ると,かなり短足にみえてしまい,ダサいので,自分の体にぴったりの服を着るように心がけました.

他には,細身のジーンズをはいたりして,低身長の自分が少しでも足が長く見えるようにいろいろな工夫をしました.

また,靴の選び方も,工夫をしました.

例えば、夏では、サンダルなどは1cm~3cmほど靴底が高くなっているので、少しだけ背を高く見えるようにすることができます.

それと冬では,大きめのブーツを履いて,これもまた背を高く見えるようにすることができます.

スポンサーサイト

 

いままで,低身長に見せないといった方法を述べましたが,低身長でもコンプレックスを感じないように工夫することができました.

たとえば,彼女を作るときは,自分より確実に背が低い人を選ぶことです.

もし,自分よりも背が高い人が彼女だと,一緒に歩いてるときに,他の人から冷ややかな目で見られるかもしれないと,自分は勝手に感じていました.

しかし,自分より低身長の彼女なら,そういう考えをもたずに済みます.

また,他の工夫としては「かわいい」といわれるように頑張りました.

低身長だと,かっこいいと思われることは,自分にとって難しいと感じていたので,小さい男の子のような「かわいい男子」になれるように心がけるようにしました.

(管理人が推奨する記事)

スポンサーサイト